*Ruby-days*

Ruby=赤いダイヤモンド(Red Diamonds)について、達也について、書きなぐる☆ コメント・トラックバックは大歓迎でございます!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近、本を読むどころか、マガダイを読んでても、活字を飛ばしてしまうほど、
活字が読めなくなっていて、「これは本気でなんとかしなくては…!」と思って。
とりあえず本を読まなきゃ!と思って、でも欠だからなぁ~と思いながら
近くの図書館に行ったトキに「浦和レッズ」で検索にかけたら、フツーに
4冊もあってビックリしました。とりあえず古いモノから読んでいこう!ってコトで
借りたのが「どうしようもなく浦和レッズが好きだ!」です。実は「Goalへ 浦和レッズと
小野伸二」
のほうを先に読んでたのですが、なにしろ字が(私にとっては)多くて
とても返却期限には間に合わなさそうなので、こっちは延長してしっかりと読みたい(笑)
とりあえず新学期が始まってしまったら本を読む時間なんて、めっきり減ってしまうから、
せめて達也のコトが書いてあるところだけでも!と「どうしようもなく~」を
読んでいたら2・3時間で読み終わってしまって。

著者が「熱狂レッズサポーター」なだけあって、いろんな視点から
書かれていて。歴代の監督とか(絶対浦和の地を踏めない人とかw)
選手とか、埼玉出身の名選手とか(ガンバの西野さんもなのね!)これ読んで
なんかイメージがビミョーだった原さんのイメージが良くなったかも(笑)
達也のトコで「がんばれ田中、未来を築け。新しい血で、新しいレッズ100年の
歴史を作りはじめるのだ。レッズを背負い、日本を背負う大物に育ってくれ。」

ってあって、もうちゃんと日本を背負ってますよ☆とか、

 フランス・ワールドカップ優勝で140万人のパリジャンがシャンゼリゼを闊歩したのはうらやましかった。あれを超える熱気で日本中の祝福を受けよう、その日は近い。さいたま市誕生を祝って、きっとレッズは優勝する。そのとき「浦和」レッズは永遠になる。
 浦和の名が残るXデイ、いつだろうか。

3年後の11月20日なんですよ!って叫びたくなったり

もう毎回のように言うけど、なんでもっと早くレッズを見なかったのか。
考えれば、小学校のトキの親友のお父さんとお兄ちゃんがサッカー好きで、
そのコも連れられて、時々ジュビロかヴェルディか忘れたけど、試合に行ってたって
言ってたけど、自分は全く興味ナシで「ふーん、そうなんだぁ」ってカンケーねぇや
って流してたなぁ。・゚・(ノД`)確か「一緒に行かない?」って誘われたトキもあった。
せめてそのトキに「行く!」って言って、もっと早くサッカーに興味持ってたら、
どれだけ自分がもっと変わってただろうか。まぁ体弱くて入院ばっかしてたし、
(今は過去形にできるほど元気ですけど)内遊び派だったからなぁ~…

この本読んで、改めてレッズのデカさ、地域の密着度、誕生の秘密とか、
レッズに惹きつけられる理由が分かったかな~ってカンジですね。
あ~埼玉県民になりたいょぅ。昔の選手の名前が出て、その選手がどんな
選手だったのか知らない自分にイライラしてたので、これで少しは分かったかな~?と。
特にサポーターの目線からっていうのがポイント。
読んでない人は(そんな人ほとんどいないんだろうーけど)ぜひご一読を☆
スポンサーサイト












natsuにだけ表示♪

トラックバックURL↓
http://rubydays.blog15.fc2.com/tb.php/315-b0375700